医療脱毛
 
 当院では米国のルミナス社が開発したlightsheer duetを使用します。本機は日本の厚生労働省にあたる米国のFDA(米国食品医薬品局)から脱毛レーザーとして承認を受けた医療用脱毛レーザーです。 805nmの波長のダイオードレーザーを使用し、毛のメラニンにレーザーが反応することで毛根周囲に熱変性を起こし、毛の生成を抑制します。毛根に熱ダメージを与えるということは、その周辺の肌にもダメージを与えてしまうリスクがありますが「吸引システム」の導入によって狙った毛根のみにレーザーを集中させることができるので痛みと肌への負担を軽減し、効率的に脱毛効果を得ることができます。顔・VIO以外はジェルを塗る必要がないので体が冷えることもありません。
照射は2ヵ月おきに5~7回が目安、顔は1ヵ月おきに5~10回の治療が効果的です。

この治療は国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。

※禁忌事項
以下の項目に該当する方は施術できません。
対象部位に極度の日焼けをしている方、生理中のVIO施術、症状の強いアトピー性皮膚炎等の皮膚疾患がある方、ケロイド体質、光線過敏症、膠原病、自己免疫疾患、重度の糖尿病、高血圧、ペースメーカー使用、対象部位に金属類の体内埋め込み、その他重症疾患のある方。

※リスク・副作用・注意事項
照射時に一瞬はじかれたような痛み、熱感があり、赤み、腫れが数時間~数日程度、残ることがあります。 稀に毛嚢炎、膨疹、アレルギー反応、熱傷、色素沈着、硬毛化(顔・背中・うなじ・上腕など)が認められることがありますので、その際には必要な薬を処方します。