CO2レーザーは皮膚組織中に含まれる水分に吸収されることで病変部皮膚組織を限局的に蒸散させ、ホクロやイボを除去する気体レーザーです。

治療の際は局所麻酔を行うため痛みや出血もほとんどありません。

CO2レーザーは水分に吸収されやすく、一瞬にして熱エネルギーに転換されるという性質があるので、患部に照射するとその細胞に含まれる水分がレーザーのエネルギーを吸収し、蒸散作用を起こして瞬間的に患部の組織を除去します。
その際、周辺の血管は熱凝固作用で一瞬のうちに固まるので出血はほとんどありません。
また炭酸ガスレーザーの蒸散作用は皮膚面に限られ、深部組織や周辺の正常な皮膚にダメージを与えないので深部まで至らず、メスで切除した場合よりもキズ跡が残りにくいですし患部の治癒も比較的早いのが特徴です。



この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。

※リスク・副作用
施術時の際には表面麻酔を強くオススメ致しますが、麻酔を使用しても疼痛・熱感を感じることがあり、ひりつきや熱感が数時間~数日程度続きます。
メイク、洗顔料を用いての洗顔は施術の24時間後から可能です。
また創傷治癒の過程で1~2週間ほどお肌表面にザラつきが生じる事があり、水疱、瘢痕形成、点状出血、感染症、色素沈着等を生じることがあります。
ホクロやイボの治療では皮膚が再生されるまでテープ保護が必要になります。