ウルトラセルQ+

 

ウルトラセルQ+は、HIFU(高密度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを利用した、たるみ治療機です。 短時間で施術が可能で、痛みや術後の腫れも少なく、3層を同時にアプローチすることで皮膚を内側から引き上げ、シワ・たるみを改善します。
特に、たるみの原因となっているSMAS筋膜は、通常のレーザーやRF(高周波)では届かない深い層にあります。 HIFU(ハイフ)は深い層まで届くためSMAS筋膜を加熱することができ、高いリフトアップ効果が得られます。4.5㎜(SMAS層へ到達)、3.0㎜(脂肪層へ到達)、1,5㎜(真皮層へ到達)の3種類のカートリッジを使用し、各層にハイフ(高密度焦点式超音波)を照射することで、効果的なリフトアップ効果が期待できます。施術直後は熱ダメージによって、組織内のたんぱく質の凝縮が起こり、引き締まります。その後、熱ダメージによる損傷を治癒するために、人体の「創傷治癒作用」が作用し、コラーゲン生成 が促進されます。皮膚の厚みや弾力が増し、リフトアップ効果が長続きします。
《1セッション:3ヶ月目安に次の照射を行います。持続期間は個人差もありますが約3ヶ月~6カ月といわれております。》

また、ウルトラセルQ+リニアとはウルトラセルQ+で新たに導入された、熱エネルギー照射によって脂肪減少に効果があるカートリッジです。従来のカートリッジと比べ、低い温度でアゴと頬に照射をするため二重アゴやたるみ脂肪を破壊し、小顔効果が期待できます。
リニアカートリッジを使用し、線状に広範囲に照射していきます。 通常のリフトアップ治療である点状照射と比較して、リニアは4.5倍の広域加熱を行うことができます。その広域照射により脂肪層を58℃前後まで熱することで脂肪溶解が起こります。